本文へスキップ

住宅ローン 借り換え

金融機関は決まりましたか?

一括で複数の金融機関に申込みできます!

住宅ローン 借り換え

住宅ローンの借り換えについて

住宅ローンの借り換えについて住宅ローンの借り換えをすべきでしょうか?

今ちょうど住宅ローン金利が最低の利率となってきています。

では、この低金利、どこまでも続いて行くのでしょうか。

2013年に入ってから日銀が本格的な脱デフレ政策を展開し始めていることから、近い将来には、住宅ローンの金利が上昇することが見込まれています。

したがって、このタイミングに、固定金利で最低利率の住宅ローンに借り換えができるのであれば、まさに最高のチャンスということ言えるほどではないでしょうか。

そうです。

住宅ローンの借り換えを考えるなら今なのです。

住宅金利は変動金利のローンにしていますと、将来的に金利が上昇する局面では、同様に利率が上がり、返済額が増えていくリスクがあります。

したがって、この最低金利の時期に固定の最低金利のものに乗り換えておくことは、ローン手数料が多少かかっても非常にお得といえるのです。

とくに今のこのタイミングはもっとも住宅ローン金利が低い状態を維持していますので、これ以上の時期はないほど千載一遇のチャンスとなってきているのです。

そのため最近では、この時期に住宅ローンをうまく借り換えすることができれば、将来的に得になると考えて行動に移している人が増えているようです。


返済額のシミュレーション

住宅ローンのシミュレーションさて、借り換えするかどうかを判断するには、まず、借り換えにより、どれぐらい得するのかを知る必要があります。

今の時代は便利で、銀行に相談に行かずとも、ネットで簡単に調べることができます。

たとえば、現在銀行の住宅ローン借り換えに対応しているところでは、ネット上にシュミレーションができるサイトを作っています。



PCここでシミュレーションできます→住宅保証機構株式会社


シミュレーションすると、借り換えせずに返済した場合と、新しく借り換え直した場合とでどのぐらい返済額が違ってくるのかをチェックすることができ、どの具体的にお得なのかがかなりはっきりとわかるようになります。

私の場合は、借り換えることで2万円以上も毎月の支払いを減らすことができました。

2012年から発足した現政権も中央銀行も脱デフレには真剣に取り組みつつあります。

インフレターゲットが確実に履行されていくことになれば長期金利は上昇し、住宅ローン金利もそれに連動して上昇することは間違いないと考えても良さそうです。

ここで選択すべきなのは、とにかく固定金利でもっとも利率の低い住宅ローン商品ということになります。

すでに来年になると利率は上がる見込みとも言われていますので、とにかく早く対応することがお勧めです。

借り換えできる銀行はコチラで見つけよう↓
http://step.jutapon.com/homeloan/promo/borrowing/?prom_code=cscaw00014

バナースペース

→ 住宅ローンシミュレーション → 固定金利・変動金利 → 住宅ローンの借り換え → 住宅ローン控除
→ 住宅ローンの審査